スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ひとつ、しっくり。
誰にでも、“今” の感情がある。
思ったことをそのまま表現したり、
時には思ってもないことが口を衝いて出て来たり。

最近は、喜怒哀楽が激しすぎる奏美さん。
イヤイヤ期の2歳の時に匹敵するほどの気難しさ。
(偶数年って難しいのか?)

色んなことがあって、一つ一つ乗り越えているのだけど
何が嫌ってわけじゃないのに登園拒否が続いた今月。
まぁそんな時期もあるよね、とやり過ごしていたけど
久しぶりに担任の先生と話したことで、謎が少し解けた。

ブログにもアップしたけど、5月の母の日には
手の込んだプレゼントを作って帰って来てくれた。
当然、父の日もと思っていたけど何もなかった。
どう考えても不自然。。。
ずっと気になっていたのだけど、やっと先生に聞けて、
返って来た答えがこう。

「お知らせもせずにごめんなさいね。
うちのクラスだけ極端に、お父さんがいない子が多いんです。
実は35人中の半分以上が。」

なんとなく、そういうことかなーと思ったりはしてたけど
半分以上って唖然。

「来年からは“家族の日”っていう風にしようと思ってます。」と。
そりゃそうしてあげてください。


こども2人育てるのにこんなに目まぐるしい日々。
一家の大黒柱であるべき人がいない中、仕事もしながら
子育てするって、想像もつかないな。余裕ないだろうな。
そんなママを見てこどもだって余裕ないよね。
そんな子たちと接してる奏美は、色々戸惑ったりするんだろうな。


園から帰って来て毎日聞いてた色んな出来事が、
全部しっくり来てしまった。

ついさっき笑ってたと思ったら次の瞬間にはもう
汗と涙ぐちゃぐちゃで怒っている奏美ちゃんを、
せめて受け止めて、受け入れよう。

私も日々成長。させてもらってます。

課題は山積み。
心の中 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








そちらの園の実状はわからないですが、、、そんな子たちばかり、とはかぎらないと思います。お父さんがいても余裕のないママは沢山います。恵まれている事が当たり前になっているのでしょう。
from. chikka | 2013/08/18 01:37 |
コメント気づくのが遅すぎて、返信が今になってしまってごめんなさい。

奏美が戸惑っている出来事が色々あったのですが、伝わりにくい書き方でまとめてしまって失礼致しました。。。
家庭の事情は本当にそれぞれなので、何が良い、何が悪いとひとくくりにするつもりはありません。
正に私も、パパがいても余裕のないママなので一概には言えないですね^^^;でも余裕がないからハングリーに生きて行けることも痛感しています。
from. taeko | 2013/09/01 11:23 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://taepi.jugem.jp/trackback/94
<< NEW | TOP | OLD>>